【仕事辞めたい】人間関係を解決する3つのマインド

未分類

仕事において、人間関係って重要ですよね。

ストレスのほとんどの要因は人間関係から来ているといっても過言ではありません。

今回は、人間関係を解決する方法についてお話します。

人間関係に疲れた時、少しでも楽になってもらえたら嬉しいです。

他人は変えられない

人間関係に問題を抱えている時、相手を攻撃することは可能です。

仮にあなたが相手を攻撃して、打ち負かしたとしましょう。

一見、相手は静かになったように見えるかもしれません。

しかし、相手は心の底から改心してはいないでしょう。

力でねじ伏せただけですから、心の奥では憎悪が煮え滾っているはずです。

この結果は理想的ではありません。

問題が表面に現れなくなっただけで、何かの拍子に爆発する爆弾を抱えているようなものです。

ほとんどの場合、人間関係の問題を解決する上で他人に考えを変えることを強要することはできません。

変えるのは自分自身

では、どのように人間関係をプラスの方向に変えていくのでしょうか。

答えは、自分を変えることです。

自分を変えてしまっては、相手の言いなりに負けたように感じますか?

人間関係を解決したのではなく、降参しただけに聞こえますか?

自分を変えるといっても自分をないがしろにするようなことはしません。

次の3つのことを順番に行っていきます。

プライドを捨てる

まず、自分のプライドを捨てましょう。

相手が攻撃的だからといって、反撃するようでは平和的解決は望めません。

むしろ見方によっては、あなたのほうに問題があります。

まずは、「何を言われても構わない、相手の言葉を受け入れる」という姿勢を崩さないようにしましょう。

本心から相手を理解しようとする

相手の主張を「客観的に」聞いてみましょう。

感情的になっている場合、とても抽象的で攻撃的な発言が出てくるかもしれません。

それでも構いません。

あなたはもうプライドを捨てました。

いちいち激高することなく、純粋になぜそう思ったのか聞き返してみてください。

どんどん掘り下げていくのです。

ただの中傷から相手が本当に伝えたいことを見つけ出します。

自分の気持ちを伝える

相手の本当に伝えたいことを理解できたら、いよいよこのタイミングで自分の気持ちを伝えます。

相手の反応は様々でしょう。

どちらかの勘違いが生み出した不調和ならこれで解決できます。

主張がぶつかり合っていれば、話し合いで折衷案を見つけるのが良いでしょう。

折衷案で纏まらないケースもあるでしょう。

その場合は、話し合いに応じてくれたことに感謝の意を示しましょう。

このようなケースで初めて転職など相手と距離を置くことを考えていくべきです。

何にせよ、自分の気持ちを始めにぶつけないように気を付けてください。

必ずプライドを捨て、相手の伝えたいことを見つけ出してから自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

自分を理解してくれていない相手に対して、何を伝えても相手も理解を示すことはありません。

まとめ

今回、人間関係の問題を解決する方法についてお話しました。

人間関係の問題を解決するには以下の順で、話し合いを進めます。

  1. プライドを捨てる
  2. 本心から相手を理解しようとする
  3. 自分の気持ちを伝える

プライドを捨てて、本心から相手を理解しようとすると、相手も理解を示してくれていることを感じて話し合いに応じてもらえるケースが多いです。

相手の主張は抽象的で攻撃的なメッセージであることが多いですが、本当は相手もそれを伝えたい訳ではないはずです。

その言葉の真意を突き止めてから自分の気持ちを伝え、2人の力で折衷案を考えてみてください。

私は苦手な人とほど、話し合う機会を設けてみるべきだと思っています。

例え上手くいかなかったとしても、異動や転職等の相手と距離を置く方法はいくらでもあります。

まずは、気持ちを穏やかにして話し合ってみてください。

転職をお考えの方は こちら

タイトルとURLをコピーしました