未経験からのプログラマー転職に向けてやっておくべきこと3選

未分類

プログラマー転職をしようと決心しても、実際何をすべきかわかりませんよね。

当ブログでは特にプログラマー転職を始める前にポートフォリオを作成することを推奨しています。

内定率がかなり高くなるからです。

しかし、それ以外にも無数にプログラマー転職のためにすべきことがあります。

挙げ始めるとキリがないので、ポートフォリオの作成は除いてその中でも特に重要だと思ったことをまとめてみました。

それでは順に見ていきましょう。

開発手法について知ること

プログラマーと開発手法は切っても切れない関係にあります。

現場では基本的にチーム開発ですから、タスクを分担して開発を進めることになります。

その際にチーム間に定められた開発ルール、それが開発手法です。

主に開発手法は大きく分けて2つあります。

細部まで一気に設計してから開発、テストと進むウォーターフォール開発。

小さく設計、開発、テストを繰り返すアジャイル開発が有名です。

これらの開発手法について全く知らないと、完全な初心者としてみなされてしまいます。

開発手法について詳細に学ぶ必要はありませんが、無知のまま面接に臨むとそれだけでライバルに蹴落とされてしまうでしょう。

そのため簡単に開発手法も理解し、プログラミングだけでなく開発自体ができることをアピールできる必要があります。

Yunics
Yunics

プログラミングができることではなく、開発ができることをアピールしよう

プログラミング言語周辺の技術についても知ること

プログラマーと聞くとプログラミング言語だけに目が行きがちですが、多くのプログラマーは開発において様々な技術を使用しています。

アプリケーションを開発しやすくするための雛形である「フレームワーク」や、便利な機能を提供する「ライブラリ」といったものです。

ソースコードをチームで管理、開発するために使用する git などのソフトウェアもあります。

プログラミング言語だけを使用して開発している現場はほとんどありません。

それだけを武器にプログラマー転職をするのは明らかに軽装なのです。

プログラマー転職でお見送りとなってしまう大きな要因のひとつに、プログラミングができても、その他の技術を使用したことがなく実際の現場では開発はできないと見なされることにあります。

なので最低限学んだプログラミング言語に加えて一番有名なフレームワークくらいは触れておくと良いでしょう。

Yunics
Yunics

実際の開発現場ではプログラミング言語以外の様々な技術が使われている。それらの技術がプログラマー転職で求められるのは当たり前のこと。

物事を簡潔かつ正確に伝えられるようになること

プログラマー転職では物事を簡潔かつ正確に伝えられることも重要です。

プログラマーは黙々とプログラムを書く仕事なので言葉を使った表現力は二の次なのでは?と思われる傾向にあります。

しかしプログラマーこそ物事をより簡潔に正確に伝えられることが求められる仕事です。

なぜなら多くの案件はチーム開発であり、プログラムの方針、課題や懸念点を説明する際に上手く表現しなければコミュニケーションに支障をきたすからです。

私が昔よく現場で見たプログラマー特有の悪い言い回しを1つご紹介します。

「それは面倒くさいです。〜しなくちゃいけないから厳しいです。」

これでは、ただ「やりたくない!」としか伝わらないでしょう。

尋ねた側も嫌な気持ちになってしまいますよね。

本来は

「それには実装に時間が掛かります。なぜなら〜という課題があるからです。」

と伝えたかったはずなのに誤解して伝わってしまいます。

主観で物事を伝えようとするとこのような表現になりがちです。

客観的に物事を見て、結論から伝え「なぜなら〜」で補足するように気をつけましょう。

きっとプログラマー面接でも役に立つはずです。

Yunics
Yunics

簡潔に正確に伝えられると面接でもチーム開発でもコミュニケーション能力として評価されやすい

まとめ

今回は未経験からプログラマー転職に向けてやっておくべきことについてお話しました。

開発手法について知ることで単にプログラミングができる人材ではなく、企業にとって有益な「開発ができる人材」として見なされます。

また、実際の開発現場ではプログラミング言語1つで開発している現場などありません。

プログラミング言語周辺の技術についても知ることも重要と言えます。

そして物事を簡潔かつ正確に伝えられるようになることで、チーム開発でも上手くコミュニケーションを取っていけることをアピールできます。

地味なことばかりですが、プログラマー転職においては様々な技術に触れ、簡潔に物事を伝えられることが重要とされます。

プログラミング言語の学習だけに捕らわれず、実際にチーム開発をすることを意識して何を学ぶべきかを判断していきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました