実務未経験から独学でプログラマー転職は可能?現役エンジニアが徹底解説!

未分類

実務未経験から独学でプログラマー転職は可能だと思いますか?

難しくはありますが、実際可能です。

なぜなら現役エンジニアである私が、実務未経験から独学でプログラマー転職に成功したからです。

しかし私は多くの面接をこなす過程で、その数だけ失敗を繰り返してきました。

面接の結果がお見送りになるたびに、なぜ失敗したのかを常々考えていました。

その経験から、実務未経験から独学でプログラマー転職をするために大変だと感じたポイントや重要だと感じたポイントについてお話します。

プログラミングにおける独学の難しさ

何かを成し遂げるまでには膨大な時間が掛かるものです。

そして現役エンジニアとなった今言えることは「もしプログラミングを教えてもらえる環境があるなら、そこに身を置くべき」ということです。

なぜなら誰かにプログラミングを教えてもらえると、圧倒的に「プログラミングとはこういうもの」という感覚を掴みやすいからです。

現代では本や動画でプログラミングを学ぶことが可能となりました。

しかしそれらの方法では自分の疑問に対する答えが返ってくる訳ではなく、淡々と知識がインプットされがちです。

これでは「基本的なコードの書き方は理解したけど、これで何ができるの?」という心境になってしまいます。

もし独学でプログラミングを学ぶのであれば、自らの疑問を根気よく調べ数日掛けて自己解決するくらいの忍耐力が必要になるでしょう。

この自己解決の蓄積が技術力となるのは言うまでもありませんが、実際のところ膨大な時間が掛かるためプログラミングの独学は難しいのです。

Yunics
Yunics

独学でプログラミングを学ぶことは感覚を掴みにくいため難しい

実務未経験という壁

プログラマーへ初めて転職する訳ですから実務未経験が当たり前です。

しかし、採用担当者側からは敬遠されがちです。

なぜならプログラマーは専門職だからです。

実務未経験者に「〇〇して下さい」と伝えるだけでは作業をこなすことは不可能でしょう。

専門知識、専門技術がある人だからこそ、仕事内容をざっくりと伝えるだけで仕事をこなすことができます。

なので優秀な人材を採用したい側からすると実務未経験者は未知数であり、雇用するリスクが高過ぎるのです。

実務未経験という肩書きだけを背負ってプログラマー転職に臨むのは無謀と言えるでしょう。

Yunics
Yunics

例えプログラミングができると主張しても企業から見たあなたの信頼はゼロ

プログラマー転職の成功率を上げるには

では実務未経験で独学でプログラマー転職の成功率を上げるにはどうすれば良いでしょうか。

答えは「何ができるかを明示すること」です。

具体的には転職活動で提示できる成果物、ポートフォリオを作成します。

もちろん簡単なことではありませんが、漠然と目的なくプログラミングを学ぶよりずっと学習成果も出しやすいです。

作るポートフォリオを決めたら、それを実現するための技術を学びながら(調べながら)ポートフォリオを作ります。

作成過程を git を使って GitHub などに残すことでより信頼できるポートフォリオとなります。

このポートフォリオこそ何ができるかの証明であり、実務未経験者にとって実務に限りなく近い経験となるのです。

プログラマー転職をお考えであれば、必ずポートフォリオを用意してから挑むことで成功率を大幅に上げることができるでしょう。

Yunics
Yunics

何ができるかを形に残して行動で示そう!

まとめ

今回は実務未経験から独学でプログラマー転職は可能かについてお話しました。

プログラミングは躓くポイントも多く独学ではとても時間が掛かるため、忍耐力が必要です。

そしてプログラミングができるようになっても、実務未経験というだけで門前払いということも多々あります。

ではどうすればプログラマー転職の成功率を上げられるかというと、ポートフォリオを作成して自分ができることを明示することで信頼を勝ち取ることができます。

今回お話した内容は言うのは簡単ですが、実際に行うのはとても大変なことです。

プログラミング学習には数ヶ月要するという事実を受け止め忍耐強く学ぶことが大切です。

また、しかし何事もいきなり100%を目指さずに、ざっくり進めて繰り返し学びなおすことで知識のベースを作り上げていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました